健康保険証が使えない医療機関がある

美容整形手術には、ほとんどの場合健康保険証が使えません。
なぜなら病気の治療に関するものでなくては健康保険が適用されないからです。

日本では国民みんなが健康に暮らせるよう、それぞれが何らかの保険制度に加入しなくてはならないとされています。
例えば国民健康保険に加入し、健康保険証を医療機関の窓口で示せば、自己負担を3割で済ませられる制度があります。
それぞれが健康保険料を支払うことで、お互いを支えていくという相互扶助の考えに基づいた制度です。

ただ、健康保険が使える治療は国が定めたものだけに限定されます。
このため、先進医療などまだ実験段階であるものやその効果が不明瞭なものは、保険が使えないことが多いです。
保険が使えない場合は治療費を全額負担せねばなりません。

なお、この保険診療と保険証が使えない自由診療は、混ぜて使用することはできません。
これを混合診療の禁止と呼びます。
覚えておきましょう。